2011年7月の記事一覧

キャスト

左翔太郎 / 仮面ライダーW(声) / 仮面ライダージョーカー(声) - 桐山漣
フィリップ(=園咲来人) / 仮面ライダーW(声) - 菅田将暉
鳴海亜樹子 - 山本ひかる
照井竜 / 仮面ライダーアクセル(声) - 木ノ本嶺浩
刃野幹夫 - なだぎ武
ウォッチャマン - なすび
園咲琉兵衛 / テラー・ドーパント(声) - 寺田農
園咲冴子 / タブー・ドーパント(声) / Rナスカ・ドーパント(声) - 生井亜実
園咲若菜 / クレイドール・ドーパント(声) / クレイドールエクストリーム(声) - 飛鳥凛
園咲霧彦(須藤霧彦) / ナスカ・ドーパント(声) - 君沢ユウキ
井坂深紅郎 / ウェザー・ドーパント(声) - 檀臣幸
加頭順 / ユートピア・ドーパント(声) - コン・テユ

2011年7月17日|

カテゴリー:W

キャスト

門矢士 / 仮面ライダーディケイド(声) - 井上正大
光夏海 / 夏海 - 森カンナ
小野寺ユウスケ / 仮面ライダークウガ(声) - 村井良大
海東大樹 / 仮面ライダーディエンド(声) - 戸谷公人
光栄次郎 - 石橋蓮司
鳴滝 - 奥田達士
ガイ / アポロガイスト(声) / スーパーアポロガイスト(声) - 川原和久

2011年7月16日|

カテゴリー:ディケイド

A.R.WORLD

作中で士らが旅をする並行世界。
写真館の背景ロールには士たちが現在いる世界を表す絵が描かれており、士が役割を終えて次の世界へ移動する際に新たな絵=新たな世界が下りてくる。

士には、各世界で目的を果たすために必要な役割(職業・立場)が与えられ、服装や髪型もその役割に適した物へと変わる。

2011年7月16日|

カテゴリー:ディケイド

最終回騒動

本作以降の作品のストーリーや関連商品のピーク時期を、同じスーパーヒーロータイム枠のスーパー戦隊シリーズ(毎年2月開始)とずらすことを目的とし、本作は全31話という1年に満たない放送期間で終了した。これは放送当初から予定されたスケジュールであり、打ち切りではない。
これはピーク時期をずらすことによって両方とも商品の売れ行きを引き上げる商業的意図があった。

最終話はディケイドがスーパーアポロガイストを倒し、「ライダー大戦」が始まったところで終了しており、その続きは12月12日公開の劇場版新作として公開する旨が告知された。
これはそれまでの各回の演出に沿ったラストシーンに映画の告知を続けたものであったが、一部の視聴者から「TVの最終回をみるにはお金を払って映画をみないといけないのか」と批判意見が出た。

テレビ朝日は、最終話終了後に明確な区別なく映画の告知を行ったのは適切な手法ではなかったと回答している

2011年7月16日|

カテゴリー:ディケイド

豪華な設定

ディケイド2.JPG
仮面ライダーディケイドは本来の姿に加え、
平成ライダー1作目「仮面ライダークウガ」から9作目「仮面ライダーキバ」までの主役ライダー9人にも変身することができる。

主役以外のライダーたちも仮面ライダーディエンドに召喚されたり、並行世界に存在するライダーとして次々と登場する。
また、ゲストに原作の俳優を起用したり、原典の特撮演出やBGMを再現するといった演出が行われている。一方で各世界はディケイドの作風に準じて原作より再設定されている。

2011年7月16日|

カテゴリー:ディケイド

全てを破壊し、全てを繋げ!-仮面ライダーディケイド-

ディケイド.jpg
2009年から同年8月30日まで放映された「平成仮面ライダーシリーズ」第10作。

キャッチコピーは「全てを破壊し、全てを繋げ!」「平成ライダー? 10年早ぇよ!」

2011年7月16日|

カテゴリー:ディケイド

スーツアクター

仮面ライダーキバ - 高岩成二
仮面ライダーイクサ、バットファンガイア - 岡元次郎
仮面ライダーイクサ(麻生親子装着時)、ファンガイア- 蜂須賀祐一
仮面ライダーサガ、仮面ライダーダークキバ(太牙変身時)、ファンガイア、仮面ライダーダークキバ(音也変身時)- 永徳
バッシャー 、パールシェルファンガイア、ファンガイア- 神尾直子

2011年7月16日|

カテゴリー:キバ

キャスト

紅渡 / 仮面ライダーキバ(声) - 瀬戸康史
紅音也 / 仮面ライダーイクサ(声) / 仮面ライダーダークキバ(声)、紅正夫(最終回登場) - 武田航平
名護啓介 / 仮面ライダーイクサ(声) - 加藤慶祐
登太牙 / 仮面ライダーサガ(声) / 仮面ライダーダークキバ(声) - 山本匠馬
麻生恵 - 柳沢なな
麻生ゆり - 高橋優
次狼 / ガルル(声) - 松田賢二=仮面ライダー響鬼の仮面ライダーザンキ役
ラモン / バッシャー(声) - 小越勇輝
ドッガ(声) - 滝川英治
キング / バットファンガイア(声) /
仮面ライダーダークキバ(声) - 新納慎也
ルーク / ライオンファンガイア(声) - 高原知秀
ビショップ / スワローテイルファンガイア(声) - 村田充
真夜 / パールシェルファンガイア(声) - 加賀美早紀
鈴木深央 / パールシェルファンガイア(声) - 芳賀優里亜=仮面ライダー555に登場

2011年7月16日|

カテゴリー:キバ

ファンガイア族

バットファンガイア.jpg人間の姿を借り、人間の生命エネルギー「ライフエナジー」を糧として生きるモンスター種族の一種。名称は「ファング=牙」「ヴァンパイア=吸血鬼」から作られた造語である。
空中に2本の巨大な牙のような物体「吸命牙」を召喚し、それを人間の首に突き刺すことによってライフエナジーを一気に吸収する。襲われた人間の体は命の色が失われ、ガラスのような無色透明のものと化し、最終的に砕け散る。

2011年7月15日|

カテゴリー:キバ

音楽

クラシック音楽出身で作曲家としてアニメなどで活躍する斉藤恒芳氏を、実写ドラマでは初の音楽担当に起用したことが話題となった。

ヴァイオリンが大きなテーマを占める物語に合わせ、弦楽器をフルに使ったクラシック調のBGMが多く流れ、
ショパンの曲や宝塚歌劇からの転用曲も多く使用されている。
また過去編(1986年)パートでは、当時のアイドルや歌手による流行歌もBGMに用いられ、1986年当時の雰囲気を引き出すのに一役買っている。

2011年7月15日|

カテゴリー:キバ

作品としての評価

キバ②.jpg
関連商品の総合売り上げは85億円と高い数字を記録したものの、前作『電王』の115億円をはるかに下回る結果となった。視聴率も前作以上の低視聴率を更新してしまった。

2011年7月15日|

カテゴリー:キバ

運命(さだめ)の鎖を解き放て!-仮面ライダーキバ-

キバ.jpg
2008年から2009年まで放映された「平成仮面ライダーシリーズ」第9作である。

キャッチコピーは「覚醒(ウェイクアップ)! 運命(さだめ)の鎖を解き放て!!」
「それはバイオリンをめぐる、父と子の物語

2011年7月15日|

カテゴリー:キバ

スーツアクター

仮面ライダー電王、モモタロス - 高岩成二

仮面ライダーゼロノス- 伊藤慎

ウラタロス、敵イマジン- 永徳(大岩永徳)

キンタロス、敵イマジン - 岡元次郎

リュウタロス、敵イマジン - おぐらとしひろ

デネブ、敵イマジン- 押川善文

ジーク、仮面ライダー電王 ウイングフォーム - 永瀬尚希

2011年7月 6日|

カテゴリー:電王

キャスト

天道総司/ 仮面ライダーカブト(声)
擬態天道総司 / 仮面ライダーダークカブト(声) / ネイティブ(声) - 水嶋ヒロ

加賀美新 / 仮面ライダーザビー(声)/ 仮面ライダーガタック(声) - 佐藤祐基
日下部ひより / シシーラワーム(声) - 里中唯
矢車想 / 仮面ライダーキックホッパー(声) - 徳山秀典
影山瞬 / 仮面ライダーパンチホッパー(声) / ネイティブ(声) - 内山眞人
風間大介 / 仮面ライダードレイク(声) - 加藤和樹
神代剣 / 仮面ライダーサソード(声) / スコルピオワーム(声) - 山本裕典
天道樹花 - 奥村夏未
ゴン(高山百合子) - 神崎愛瑠
じいや - 梅野泰靖
日下部総一/ ネイティブ - 鳴海剛
日下部さとみ/ ネイティブ - 浅野香織

2011年7月 5日|

カテゴリー:カブト

対ワーム秘密組織ZECT(ゼクト)

ゼクトルーパー.jpgワームから人類を守るための組織。
物語開始から35年前、ネイティブにワームの襲来を予言された加賀美陸により設立された。ゼクターやライダーベルトなどはこの組織が開発している。

この組織は徹底的な秘密主義により、
ZECTメンバーでさえ全貌を把握することができない。これはZECT内部に擬態したワームが侵入することを防止する為とされる。実際に劇中でワームの侵入により犠牲者を出す場面がある

実力主義を採用しており、実力を評価されれば一般隊員はもちろん、
入隊して日の浅い者でもすぐ高い地位に立つことが可能である。
同時に任務の失敗が積み重なると降格・追放される事も十分にある

2011年7月 5日|

カテゴリー:カブト

特撮演出-クロックアップ-

超高速の特殊移動方法。
ワーム成虫体や各ライダーフォームが、体を駆け巡るタキオン粒子を操作し、時間流を自在に行動できるようになることで行う。
ワームは自らの意思で、ライダーの場合は腰部のベルトにあるスイッチに触れることにより発動する。

ライダーの超高速移動は、「仮面ライダー555」のアクセルフォームなどでも取り組まれてきた。
しかし本作が過去作と大きく異なるのは、本作のクロックアップは敵味方双方が不可視かつ高速で動くことにより、「常人には入り込めない世界」を作り出す点に主眼が置かれている点である


2011年7月 5日|

カテゴリー:カブト

俺が正義-仮面ライダーカブト-

カブト.jpg
2006年から2007年まで放映された「平成仮面ライダーシリーズ」第7作である。
キャッチコピーは「俺が正義」

2011年7月 5日|

カテゴリー:カブト

スーツアクター

仮面ライダークウガ:富永研司
主役ライダー=高岩誠二のイメージがあるが「仮面ライダークウガ」「仮面ライダー響鬼」は同氏ではない
グロンギ怪人:福沢博文、伊藤慎
ゴ・ザザル・バ:蜂須賀昭二
ゴ・ジャラジ・ダ:小倉敏博

2011年7月 3日|

カテゴリー:クウガ

キャスト

五代雄介 / 仮面ライダークウガ(声):オダギリジョー
一条薫:葛山信吾
沢渡桜子:村田和美
五代みのり:葵若菜
おやっさん:きたろう
ラ・バルバ・デ/バラのタトゥの女:七森美江
ズ・ゴオマ・グ:藤王みつる
ゴ・ガドル・バ:軍司眞人
ン・ダグバ・ゼバ:浦井健治

2011年7月 3日|

カテゴリー:クウガ

スーツアクター

仮面ライダー響鬼、仮面ライダー裁鬼:伊藤慎
仮面ライダー威吹鬼、仮面ライダー弾鬼、魔化魍:押川善文
仮面ライダー轟鬼:渡邉淳
仮面ライダー斬鬼:矢部敬三

2011年7月 3日|

カテゴリー:響鬼

キャスト

ヒビキ/ 仮面ライダー響鬼(声):細川茂樹
安達明日夢:栩原楽人
イブキ/ 仮面ライダー威吹鬼(声):渋江譲二
トドロキ/ 仮面ライダー轟鬼(声):川口真五
ザンキ/ 仮面ライダー斬鬼(声):松田賢二
立花香須実:蒲生麻由
立花日菜佳:神戸みゆき
持田ひとみ:森絵梨佳
天美あきら:秋山奈々
桐矢京介/京介変身体(声):中村優一
※後の仮面ライダー電王に登場のユウトである

2011年7月 3日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:響鬼

スーパー童子・スーパー姫/洋館の男女

<スーパー童子・スーパー姫>
後半から登場した、和風の戦装束に身を包んだ新タイプの童子・姫。
怪人体に変化せずに戦い、あらゆるタイプの魔化魍を育てることができる。

2011年7月 3日|

カテゴリー:響鬼

童子・姫

童子・姫.jpg魔化魍を育てるための餌となる人間を捕える為に常に二体で行動している。
普段は人間の男女と変わらない姿をしている。
外敵と遭遇した際などには戦闘のためそれぞれ怪童子・妖姫と呼ばれる戦闘怪人態に変化する。
童子は女のような声で、姫は男のような声で喋るのが特徴。
白い血を流し、死ぬと土に還る。

2011年7月 3日|

カテゴリー:響鬼

魔化魍

人間を捕食する生物。
日本の妖怪がモデルになっている。
いくつもの種族に分かれているが、同じ種族であっても出現した場所の環境によって色や形に多少の差異がある。

2011年7月 3日|

カテゴリー:響鬼

鬼と呼ばれるものたち

鬼たち.jpg
本作のライダーは、修行によって自らの肉体を変容させ、「鬼」となる能力を得た者たちである。

2011年7月 3日|

カテゴリー:響鬼

ライダーの意匠を捨てて-仮面ライダー響鬼-

響鬼.jpg
2005年から2006年まで放映された「平成仮面ライダーシリーズ」第6作である。

キャッチコピーは「ぼくたちには、ヒーローがいる」。


2011年7月 3日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:響鬼

スーツアクター

仮面ライダーブレイド- 高岩成二
仮面ライダーカリス、ジョーカー - 伊藤慎
仮面ライダーギャレン- 押川善文
仮面ライダーレンゲル、アンデッド - 岡元次郎

2011年7月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:

オンドゥル語

本作の主人公剣崎一真 / 仮面ライダーブレイド役である 椿隆之の滑舌の悪さを皮肉って派生した言葉(言語)である。

1話でギャレンに「本当に裏切ったんですかー!」という台詞が
「オンドゥルララギッタンディスカ」ときこえる滑舌である。

またこの他にも滑舌に問題がある場面が多々あり、ファンの間で「オンドゥル語」と呼ばれる事になった。

2011年7月 2日|

カテゴリー:

キャスト

剣崎一真 / 仮面ライダーブレイド(声)- 椿隆之
相川始 / 仮面ライダーカリス(声) / ジョーカー(声) - 森本亮治
橘朔也 / 仮面ライダーギャレン(声) - 天野浩成
上城睦月 / 仮面ライダーレンゲル(声) - 北条隆博
広瀬栞 - 江川有未
白井虎太郎 - 竹財輝之助

2011年7月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:

アンデッド


地球上に生息する様々な生物の始祖たる不死の生命体。
いかなる方法を用いても死ぬ事がないことからアンデッド(undead)と命名された。
現代において人為的に発生した個体を除くと53体存在。
倒すことができないためライダー達はラウズカードに「封印する」という形を取って殲滅する。

人の心を持った異形のものたち

前作「仮面ライダーファイズ」が「人間の心を残したまま異形の存在(つまり怪人)になってしまった者」の悲劇を描いたのに対し、本作は「異形の存在として生まれながら人間の心を持ってしまった者」の苦悩が作中で描かれ、主人公サイドの登場人物であり、後者の要素を持つ相川始(仮面ライダーカリス=ジョーカーアンデッド)の苦悩や葛藤、その処遇を巡ったストーリーが展開された。
ジョーカーアンデッド.jpg

2011年7月 2日|

カテゴリー:

切札は手の中に-仮面ライダー剣(ブレイド)-

ブレイド.jpg
2004年から2005年まで放映された「平成仮面ライダーシリーズ」の第5作である。
キャッチコピーは「今、その力が全開する」「運命の切札をつかみ取れ!」

2011年7月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:

スーツアクター

仮面ライダーファイズ、ウルフオルフェノク - 高岩成二
仮面ライダーカイザ-伊藤慎
仮面ライダーデルタ- 押川善文
クロコダイルオルフェノク、ローズオルフェノク、アークオルフェノク、オルフェノク- 岡元次郎

2011年7月 2日|

カテゴリー:555

キャスト

乾巧 / 仮面ライダーファイズ(声)/ ウルフオルフェノク(声) - 半田健人
園田真理 - 芳賀優里亜
菊池啓太郎 - 溝呂木賢
木場勇治 / ホースオルフェノク(声)- 泉政行
長田結花 / クレインオルフェノク(声) - 加藤美佳
海堂直也 / スネークオルフェノク(声) - 唐橋充
草加雅人 / 仮面ライダーカイザ(声)- 村上幸平
三原修二 / 仮面ライダーデルタ(声)- 原田篤
阿部里奈 - 河西りえ
澤田亜希 / スパイダーオルフェノク(声) - 綾野剛
鈴木照夫 - 渡辺彼野人
添野錠二 - 石田太郎
沢村刑事 - 岩川幸司
添野ひかる - 三訳真奈美
南雅彦 - 小川敦史
J / クロコダイルオルフェノク(声) - ケネス・ヅリア
琢磨逸郎 / センチピードオルフェノク(声) - 山崎潤
影山冴子 / ロブスターオルフェノク(声) - 和香
北崎 / ドラゴンオルフェノク(声) - 藤田玲
スマートレディ - 栗原瞳
村上峡児 / ローズオルフェノク(声) - 村井克行
花形 / ゴートオルフェノク(声) - 中康治

2011年7月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:555

ラッキークローバー

オルフェノクのエリート集団。
スマートブレイン社から高級住宅の提供や施設の利用など、あらゆる面で優遇されている。

2011年7月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:555

オルフェノク-人類の進化形態-

オルフェノクとは人類の進化形態で、人間が一旦死を迎えた後に再度覚醒したものである。
通常外見は人間だった時と同一だが、自らの意志で動植物の特性と高い戦闘力を持った異形へ変化する。
体色は灰色が基調である。

2011年7月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:555

疾走する本能-仮面ライダー555(ファイズ)-

555.jpg
、2003年から2004年まで放映された「平成仮面ライダーシリーズ」第4作である。
キャッチコピーは「疾走する本能」。

2011年7月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:555