岡元次郎-Black役でアクターデビュー-

岡元次郎-Black役でアクターデビュー-

「仮面ライダーBLACK」の主人公・仮面ライダーブラックのスーツアクターとしてデビュー。
入門からわずか3年での起用だった。
2001年、劇場版「仮面ライダーアギト」に仮面ライダーG4を演じて以降、平成仮面ライダーシリーズでは「仮面ライダー響鬼」と「仮面ライダーW」を除き全て出演する常連として活躍。
主に3,4号ライダーやゲストライダーを演じてきた。、
2008年「仮面ライダーキバ」では、2号ライダーであるイクサにキャスティングされた。

「超光戦士シャンゼリオン」で、アクション用にもかかわらず40キロを超え、アップ用では100キロ近くもあったという超重量級のシャンゼリオンの着ぐるみに耐える筋力と、RXの逆宙に見られる華麗な体操技など、マッシヴな体格とは裏腹の身の軽さを強調した独特の華麗なアクションが印象的である。

トラックバック(1)

このエントリーのトラックバックURL:
http://game4pay.com/mt/mt-tb.cgi/48

●オーズも佳境!

送信元:特撮かたり隊

オーズはいよいよクライマックスですね! アンクが自分の欲望に従い映司と決別したり、カザリとメズールが死んでしまったり 1話1話が怒濤の展開で見逃せませ...[詳しくはこちら]

トラックバック時刻:2011年8月10日 18:02

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)